スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NEWS】バイエルン、ルシオを放出!

バイエルン・ミュンヘンがDFルシオをインテルに売却したことを発表した。
契約期間は3年で移籍金は500万ユーロ(約6億5000万円)程度での合意だと現地メディアが報じている。
インテルのモウリーニョ監督は正確なフィードが蹴れるCBを希望しており、チェルシーのリカルド・カルバーリョの移籍が濃厚とされていたがインテルのフロント陣が選んだのはルシオだった。

2004年にバイエルン・ミュンヘンに加入したルシオは副キャプテンを務めており、チームの中心選手だったが、2010年に契約が切れるため移籍金が発生する現段階での放出をバイエルンは選択したようだ。

【編集後記】
ルシオ・・・・・??
んー。カルバーリョの交渉が難航してたようですが、まさかルシオ獲るとは・・・・・。
強烈なキック力やライン統率力、1対1の強さ、さらには年齢・・・とカルバーリョとルシオに共通点は多いように思いますが・・・・・。

っていうか、そもそもインテル、CB多すぎません?(汗
マテラッツィ、キブ、サムエル、コルドバ・・・・・。
SBが出来る選手も多いですけど、明らかに人員過多です。
モウリーニョの教え子であるカルバーリョなら互いに熟知してるんでアリかとは思いますが、それ以外なら無理に獲らなくても良かったと思いますねえ・・・・・。


■読み終わったところで応援クリックのご協力お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

こんばんは


カルバーリョなくなりましたね。 カルバーリョだから狙ってたってのもあったと思ったんですがね。

モラッティは勝手に決めて、勝手に獲得する会長みたいだからマンチーニ、モウリーニョお気の毒…

 

こんばんわ。いつも遊びに来て頂きありがとうございます^^

ルシオ、獲ってしまいましたね^^;
やはり監督の意見はあまり受け入れられないようですね。
インテルに限ったことではないですがイタリアのクラブはどうもフロント主導型が多いです。
与えられた戦力でやるのが当然と言った感じになってますねえ。

モウリーニョがそれに大人しく従うタイプではないと思うんですが契約延長してますから何か思うところがあるのかな・・・とは思いますが。
はじめに
ご訪問、ありがとうございます。
当サイト「欧州サッカー最前線」はプレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、セリエAの欧州三大リーグを中心に最新情報、選手移籍情報や試合結果などを動画も交えてお伝えするブログサイトです。

ニュースだけでなく読み物としてコラムも掲載していますのでそちらも是非、お楽しみ頂ければと思います。

サッカーについて楽しく語り合うことも大切な目的としていますので目に止まった記事やコラムにコメントして頂けばとても嬉しい限りです。

AHSAN@管理人
最新記事
コラム
全記事表示リンク
過去の記事はココから

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
サイト内の人気記事
検索フォーム
ブログランキング

FC2Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。